2020東京奧運「台灣正名」推動協議會 設立記念大會 黨主席陳奕齊演說





日本「櫻。文化電視台」的水島社長、永山英樹執行長,以及現場的日本朋友和線上看直播的日本和台灣朋友大家好。

我是來自台灣的陳奕齊,我是以青年為主體的台灣政黨—基進黨的主席。今天非常開心也很榮幸,能夠從受邀請從台灣來日本參加「2020東京五輪『台灣正名』推進協議會」設立紀念大會。

首先,我代表台灣人民向日本朋友表達12萬分的感謝,謝謝你們願意在台灣人民長期因為中國打壓跟國際政治的現實壓力之下,失去把我們國家台灣稱呼為台灣的權利的此刻,希望藉由東京2020奧運的機會,主動要求國際社會能尊重台灣選擇自己名字的權利和權力。

長期以來,台灣人民受制於中國的各種恐嚇跟打壓,國際上其他國家也因為跟中國的外交、經濟與政治關係,對台灣長期以來被國際社會排除一事,幾乎冷漠以待。觀諸人類的歷史,連自己命名權利都沒有的人,只有奴隸。換言之,連自己的名字都被剝奪的人,就是不被視為具備「人格」的人。這對台灣人民來說,其實是一種非常大的恥辱。

事實上,「Chinese Taipei」(中國台北),對台灣人民,尤其是年輕世代而言,可以說是一種嚴重的侮辱,這個名稱讓台灣年輕人感覺不受尊重,甚至嚴重到有很多年輕人對於用『中國台北』參與國際體育比賽的時候,一點也不想替這個隊伍來加油,縱然這個隊伍贏得比賽,這個名稱也讓許多覺醒的年輕人,不僅感受不到光榮感,只有深刻的恥辱感。這不是台灣青年認為體育一定要跟政治有關係,而是國際政治現實早就把台灣人民自己命名的權利跟權力給剝奪了。相當諷刺的是,據說奧運會旗的五輪環環相扣標誌,所象徵的意義就是五大洲不同膚色的人類,同心相繫,為促進世界上各地區的民族和平相處戮力以赴。但是,只要一日台灣人民無法用自己名字,而只能用「中國台北」來參與國際社會的各種活動,就是污辱了奧運五輪標誌原本所要傳達的精神。

再者,我必須藉此機會向日本朋友說明,2016年,長期執政的中國國民黨政權受到人民用選票唾棄,主要的原因即是,台灣青年世代發現這個政黨,長期為了政黨跟個人私利,不斷親中,出賣台灣人民的利益所致。2016台灣的選舉結果,是一個台灣人民想要擺脫中國威脅陰影的一個「求救的訊號」。由於過去,台灣人民在國民黨長期恐嚇說只要台灣人民疏離中國,便會受到中國武力攻擊,中國獨裁政權也的確常配合著恐嚇口吻來恫嚇台灣,在國際上處處打壓台灣的空間。因此,一般台灣人民長期在中國外部威脅,以及國民黨的內部恐嚇之下,心理狀態嚴重扭曲,雖然不滿於台灣人民受到的不公平對待,但還是害怕主動向國際社會發出台灣人民需要被公平對待的真實心聲。

再次,我代表所有不願意繼續活在恐嚇之中的台灣人民,向日本朋友致上最高的謝意,你們聽到了我們在2016年總統跟國會大選中,用選票所傳達出的「求救訊號」——就是台灣人民想要國際社會的公平對待,而台灣從來就不是中國的一部分,台灣是屬於台灣人民的國家——這一個卑微的要求。

我一直覺得,台灣人民必須主動爭取自己受到國際承認的空間跟機會,但由於長期活於內外恐嚇之中的台灣人民,除了心理生病導致自信不足,導致台灣人民不敢太過主動爭取台灣包括自己命名、以及被國際社會平等承認跟對待的的權利/權力,其實也因為台灣人民害怕,是否會因為台灣人民向國際社會爭取平等對待,而造成國際局勢的不安並成為麻煩製造者而過意不去。

事實上,我必須向日本朋友表達,台灣人民是一個愛好和平的民族與國度,台灣人民從來不曾想侵略與傷害其他國家及其人民,台灣跟日本一樣,都是愛好和平的民族。就如六年前日本受到天災地震的衝擊,台灣人民跟社會感受到日本人民的悲痛,因此,這是一份人饑已饑、人溺己溺的博愛精神。同樣的,台灣遭受到類似的遭害之刻,日本人也伸出了那扶持台灣社會的手。台日之間的這份情誼,可以說是日本跟台灣曾有歷史淵源下的情感羈絆,更是一份追求人類和平與互助的精神表現。

謝謝你們,日本的朋友,你們主動呼籲日本政府跟國際社會,必須在東京奧運,讓台灣人民有自己命名的權利,來自於你們這雙友誼的手,不僅讓台灣人民深感溫暖,更讓長期活於內外恐嚇下的台灣人民由於你們的體貼,更我們更有自信與勇氣,向國際社會喊出台灣人民真實的心聲——讓台灣的名字就叫做台灣,台灣就是台灣人民的國家,台灣人民非常想要跟國際社會和平與友善的交往,但也請國際社會平等對待台灣人民。

日本朋友,讓台灣在東京奧運能取回屬於台灣自己命名的權利,就是一項國際的和平運動,一種讓奧運精神真正落實的國際和平運動!!

謝謝所有支持台灣正名的日本朋友!!謝謝!!
 


(日本語)

水島総会長、永山英樹幹事長、そしてお集りの皆様、ネット中継をご覧の日本や台湾の皆様、こんにちは。

私は台湾から参りました陳奕齊と申します。私は青年を主体とする政党、基進党の主席です。今日はこの大会にお招きいただき、とても嬉しく、そして光栄に存じます。

先ず台湾人民を代表し、日本の皆様に最高の感謝を申し上げます。
台湾人民は長期間にわたり、中国の圧力と国際社会の圧力により、自国を台湾と呼ぶ権利を失っていますが、皆様が東京オリンピックを機に、それを尊重するよう国際社会に¥訴えて下さることに感謝したいのです。

台湾人民は中国の脅迫や圧力を受け、そして中国を関係を持つ他国からも冷淡に扱われて来ました。人類の歴史上、自身の名を名乗れないのは奴隷だけではないでしょうか。つまり人格が認められていないということなのです。これは台湾人民にとり大きな恥辱です。

実際に「チャイニーズタイペイ」の名は、台湾人民、特に若い世代にとってはたいへんな侮辱です。多くの若者はこのような「中國の台北」の名で参加する選手を応援したくもないし、たとえ試合に勝っても喜べないばかりか、むしろ屈辱を感じてしまうのです。は別にスポーツと政治を絡めたい訳ではありません。国際政治が台湾人民から自己命名の権利を奪っているだけです。

皮肉にも、オリンピックの五輪マークは、五大州の異なる色の皮膚の人達の平和的な協力を象徴しているそうですが、台湾人民だけが「チャイニーズタイペイ」の名でなければ国際社会の活動に参加できないのは、その精神を汚すものでしょう。

日本の皆様、2016年の台湾の選挙で、長年与党だった国民党が排除された主な原因は、あの政党がこれまで私利私欲に走り、中国にこびへつらって台湾人民の利益を売り飛ばそうとしているのを、青年層が気付いたことにあります。あの選挙結果は、台湾人民による中国の脅威から免れたいとの遭難信号だったのです。台湾人民は国民党からは「中国から離れれば武力攻撃を受けるぞ」と脅され、中国独裁政権もまたそれに合わせて、実際に脅し続け、国際社会でも台湾に圧力をかけました。このため、一般人の心理はひどく歪められ、不公平な待遇を受けても、自分から国際社会に公平な待遇を求める勇気を失ってしまったのです。

私は強迫の下で生きたいと思わない台湾人民を代表し、日本の皆様に最高の感謝を捧げます。皆様は台湾の選挙で発せられた救難信号をお聞きになり、国際社会で平等な扱いを受けたい、そして台湾は台湾人の国家でありたいとの私達の思いを理解して下さいました。

台湾人民は本来、自ら進んで国際社会に承認を求めるべきですが、これまで受けた脅迫のために勇気を失い、自分の名を取り戻そうとすることもできないのです。もし国際社会に平等な待遇を求めることで、国際社会に不安をもたらすトラブルメーカーになるのではないかとも心配してしまうのです。

台湾人民は平和を愛する民族で、これまで他の国を侵略したり、攻撃しようとしたことはありません。日本と同様に平和を愛する民族なのです。たとえば6年前の震災の時、台湾の人民と社会は、日本人民の悲痛を感じ取り、あたかも自分自身のことのように受け止めました。それと同じように、台湾が似たような境遇に置かれたときには、日本人もまた救援の手を差し伸べてくれました。台湾と日本の間のこうした思いは、歴史に起因する感情の繋がりと言えるとともに、人類の平和、相互扶助を求める精神の表れということもできるのです。

日本の皆様に感謝します。皆様が進んで日本政府や国際社会に対し、東京オリンピックにおいて台湾人の自己命名権を訴えてくださっています。こうした友情は台湾人民に暖かさを感じさせるだけでなく、これまで内外から脅迫されてきた台湾人民に、国際社会に向かて「台湾の名は台湾。台湾は台湾人民の国。台湾人民は国際社会と平和、友好的につきあいたいと願っている」との心の声を伝えるための自信と勇気を与えてくれるのです。

日本の皆様、東京五輪において台湾の自己命名権を取り戻させることは、一つの国際的な平和運動です。オリンピック精神を実現させる国際平和運動なのです。台湾の正名を支持されるすべての日本の友人に感謝申し上げます。ありがとうございました。

活動訊息

基進影音類別

搜尋類別




作者其他文章

「台灣危機觀察——台灣新內閣的挑戰與迫切的中國威脅」聯合記者會影片

「台灣危機觀察——台灣新內閣的挑戰與迫切的中國威脅」聯合記者會 新聞稿&發言稿   ...

2017海內外國是會議 —— 專題討論 III

20170517海內外台灣國是會議/沈清楷-顏銘緯-陳奕齊 Q&A 2017海內外國是會議 主辦:世界台灣人大...